Translation→
KOZU | 100KANNON
多幸湧水
多幸湧水
神津島は水がとても豊かで、村の水道水は地下水を利用しています。島のいたるところで水の湧き出るポイントがあり、「多幸湧水」は、その一つです。
集落のある港とは反対側に面した、多幸湾周辺に湧きでており、「東京の名湧水57選」のひとつにも選定されています。
こうした神津島の水の豊かさは、「水配り伝説」と言われる神話にもなっています。
物忌奈命神社
物忌奈命神社(ものいみなのみこと)
集落に近い前浜の漁港の上に鎮座するこの神社は、神津島の開祖、「物忌奈命(ものいみなのみこと)様」が祀られています。
この方は、三島大社で祀られている、事代主命(ことしろぬしのみこと)様と阿波命神社(長浜神社)で祀られている、阿波命(あわのみこと)様との長男にあたる方で、父親の事代主命様は、出雲の神話「国譲り」でも登場します。
神津の椿
神津の椿
1月から3月にかけて神津島には、椿の花が咲き乱れます。島のいたるところで可愛らしい椿を見ながら
トレッキングや集落散歩を楽しんでみては?
また、島では、椿から摂った椿油をお土産で買って帰ることもできます。是非お試しください! ​
二十三夜様
二十三夜様
神津島には、「二十三夜様」と呼ばれる月待ちの風習があります。もとは月を祀るという意味で、女性だけで集まって、供物を備えて月の出るのを待ち、月を拝んで夜更けまで飲み食いするという行事でした。この風習は、江戸から昭和の初期にかけて全国的にも盛んに行われていました。
特集リンク

神津島に関連する企業、お店などのリンク集

tokyo-island.com tokyo-island.com
東京島めぐりPASSPORT Tokyo Shima-MeguriPASSPORT
神津島へ、いこう。 動画公開中 why not go to Kozushima