Translation→
流人墓地について
先ず遠流の地として、八丈島、中流の地として三宅島、近流の地として大島、新島を定めて犯罪者を送り、神津島、御蔵島は島替えと言い島で再び罪を犯した者を送り込みましたが、この島は地形、食糧の面から流人を大勢送ることはなかったようです。島に送られた流人の生活は「日常勝手たるべし」とされて、すべて自活することが原則で、見届け品という「仕送り」を受ける一部の流人や、手に職のある者を除いては、その日その日の食を得るために、島の人の食糧を得ていたようです。神津島に送り込まれた流人の数はよくわかっていませんが濤響寺の過去帳によると、おたあジュリア 慶長十七年(1612)、不受不施派僧(注1) 寛文五年(1665)、絵島生島関係(注2) 正徳四年(1714)となっています。
フォトジェニック
知識が増える
住所
-
TEL
-
営業時間
-
アクセス
-
FAX
-
その他
-
特集リンク

神津島に関連する企業、お店などのリンク集

tokyo-island.com tokyo-island.com
東京島めぐりPASSPORT Tokyo Shima-MeguriPASSPORT
神津島へ、いこう。 動画公開中 why not go to Kozushima